Cryptactを使って最初にハマったこと

仮想通貨の確定申告、難しいし、めちゃくちゃ複雑・・・。移動平均法っていろいろな意味でよろしくない。税理士もCryptactを使うというのは納得できる。取引が多い場合、何らかの計算アプリを使わないと手作業では無理。自分で調べながらCryptactを使う人に関しては、税理士不要。Cryptactが無かったら仮想通貨の税金計算マジで出来なかった。感謝!

取引履歴アップロードは一番古いファイルからアップロード

たとえば、2020年分の取引をアップロードした後、2019年分はアップロードできない。

2019年と2020年でアップロードするファイルが異なる場合、必ず、2019年のファイルからアップロードする。月でも日でも時分でも同じことが言えます。

すでに2021年のファイルをアップロードしているなど、より新しい日時のファイルをアップしていないか?Cryptactを初めて使う時、注意する必要がある。

各取引所のアカウント開設年月日や初取引の年月日を受信メールなどから確認して、最も古いファイルからアップロードする!

厳格にやりなおすと、未分類取引が減った。

暗号資産の取引所関係のメールは、メールソフトできちんとフォルダ分けして保管し続けることを強く推奨。

自身の口座間における送金等は残高に影響がないためアップロード不要(除く手数料)

各取引所での取引履歴をアップしたら、入出金はなくても計算可能。

資産(コイン)の増減だけを記載すると考える。

仮想通貨の入出金情報は必要ないのか(除く手数料)

MetaMaskのウォレットのパスワードを削除してしまった

MetaMaskに送る側の取引所の送付履歴からMetaMaskウォレットアドレスを探し出せる、もしくは、MetaMaskから受け取る側の取引所の受取の履歴でもMetaMaskウォレットアドレスを探し出せる。その後、ウォレットアドレスをEthscanなどで見ればすぐに資産の動きがわかる。非常に残念ながら税務署の職員も同じ方法で確定申告する国民の資産を追跡できる(ITリテラシーが低い税務署の職員の場合、知らない可能性もあるかもしれません)。ほとんどの取引所は、.csv/.xlsx/.zipなどのアップロードでCryptactが対応してくれているけど、ウォレットはカスタムファイルを自作する必要がある。カスタムファイルの不正確さが未分類取引の原因の1つ。

カスタムファイル

ActionでREDUCEのSourseは、空白ではダメ。でも、公式では任意になってる

カスタムファイルのSourseの取引所名は全部小文字

取引所については、Cryptactが持っている名称に合わせればアップロードによって取引所のロゴがきちんと表示される。

EX)

  • coincheck
  • gmo
  • dmm
  • binance

ただし、UniSwapやMetaMaskなどのウォレットはCryptactでロゴを持ってないのでカスタムファイルにどんな名称で記載してもそのまま表示される。

Cryptact関係ないですが超重要

たしかにそうだなぁと思ってたけど、完全に忘れてた。日本国民として暗号資産やってる人は絶対に知っておくことです。

【確定申告】クリプト関連の税金計算。年末までに準備しないと大変なことに、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください