仮想通貨の確定申告WEBアプリ比較(個人事業主)

仮想通貨の確定申告は、ややこしいし、年度末の最終日あたりで損益確定をしないとリスク有るし、移動平均法は素人に優しくない・・・。

Gtax

https://crypto-city.net/

移動平均法と総平均法 に対応

freee連携できる

CEO、COO,ビジネス開発部長はエンジニアではなく、監査系キャリアの人。

経営陣おそらくみんな慶應出身。

年間取引件数の価格基準が厳しい

2段階認証無し

1取引にメモを記載できる

CRYPTACT

https://www.cryptact.com/

年間の取引件数が多い人にはお得

ゴールドマン・サックス出身者が経営陣に多い

資本金調達がすごい

2段階認証有り

コミュニティ機能有り

3社(Gtax,CryptoLinc,Cryptact)の中で開発力が一番高そう(内情は知らないのであくまで外見です)

移動平均法と総平均法とFIFOとLIFO に対応

お客様のお支払い方法で仮想通貨払いできる。

1取引にコメントを入れられる

デモデータを用意してくれている

英語/日本語の2言語対応で海外もしっかり視野に入れてるっぽい

税理士が使ってる

購入後、2~3週間でCryptactを選んで良かったと思いました。年度の損益をしっかり算出してくれました。MetaMaskなどのウォレットはカスタムファイルを自分で作成する必要がありますが、各取引所については正しい順番で .csv , .xlsx , .zip などのファイルアップロードを行えばOKです。バイナンス→CryptactについてはAPI連携できるためファイルアップロード不要でした。

Koinly

https://koinly.io/ja/

MetaMask連携できる How to Integrate MetaMask and Koinly

ちなみにMetamaskの履歴は、How to check my wallet activity on the blockchain explorerの方法でEtherscanで見られる

CryptoLinc

https://cryptolinc.com/

マネーフォワード出身の経営層

CTOがいる。

安い。

移動平均法と総平均法 に対応

クリプトリンク法人用は、弥生、MJS、MoneyFowardクラウド会計、freee と連携。

2段階認証有り

資産残高を毎日LINEで確認できる

個人的には一番見やすい

明細を計算対象外にする部分がわかりやすい

freee会計 for 仮想通貨

https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku/cryptocurrency/ ではサービス提供終了となっている

Keiry

サービス終了っぽい。

Bitcoin Tax

サービス終了っぽい。

BitTax

https://www.bit-tax.com/ は国内取引所に対応して無さそう。

https://bittax.jp がおそらく元来のURLだと思われるが、サービス終了っぽい。

CoinTool

サービス終了っぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください