awslogsとamazon-cloudwatch-agentの違い

awslogsもamazon-cloudwatch-agentもyum install出来るわけですが、両方ともCloudWatchAgentだと思い込んでないですか?違いをはっきりさせておいたほうがいいです。

awslogs

主にログまわりを取り扱う。CloudWatch Logs エージェント。はるか昔から既に非推奨になる予定Amazon CloudWatch Logsユーザーガイド 2016年)なので統合CloudWatchエージェントを使用することを強くお勧めします。

  1. CUIでログ確認できる
  2. CloudWatch Logsのロググループ名/ストリーム名/イベントなどを確認できる
  3. CloudWatchのログにロググループ/ログストリーム/イベントを出力
  4. CloudWatch Logs エージェント(awslogs)である
  5. ログのputとgetが出来る
  6. EC2をインスタンスにIMAロールのアタッチ/設定が必要

インストールや基本操作のコマンド

sudo yum update -y
//awslogsインストール
sudo yum install -y awslogs
//awslogs サービス開始
sudo service awslogs start
//Amazon Linux 2 でawslogs サービス開始
sudo systemctl start awslogsd
//システム起動時に毎回 awslogs サービス起動
sudo chkconfig awslogs on
//Amazon Linux 2でシステム起動時に毎回 awslogs サービス起動
sudo systemctl enable awslogsd.service
//awslogs サービス停止
sudo service awslogs stop
//Amazon Linux 2 でawslogs サービス停止
sudo service awslogsd stop
//ヘルプコマンド
awslogs --help
awslogs groups --help

amazon-cloudwatch-agent

メトリクスまわりもログも取り扱う。オンプレLinuxやWindowsもオッケー。collectdのインストール必須。CloudWatch エージェント。(古いawslogsに対して、統合CloudWatchエージェントと言われるみたい)

  1. Amazon Linux 2 のパッケージ
  2. Amazon EC2 インスタンスからより多くのシステムレベルのメトリクスを収集。EC2インスタンスのメトリクスに加えて、ゲスト内メトリクスを含む。
  3. オンプレミスサーバーからシステムレベルのメトリクスを収集
  4. カスタムメトリクスは、StatsD および collectd プロトコルを使用して、アプリケーションまたはサービスから取得します。StatsD は、Linux サーバーと、Windows Server を実行するサーバーの両方でサポートされています。collectd は、Linux サーバーでのみサポートされています。
  5. Linux または Windows Server を実行している Amazon EC2 インスタンスおよびオンプレミスサーバーから、ログを収集
  6. EC2をインスタンスにIMAロールのアタッチ/設定が必要

インストールや基本操作のコマンド

sudo yum update -y
//amazon-cloudwatch-agentインストール
sudo yum install amazon-cloudwatch-agent
//CloudWatch エージェントのコマンドラインパラメータ ヘルプコマンド
amazon-cloudwatch-agent-ctl -help
//LinuxサーバーでCloudWatch エージェントのステータス確認
sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-ctl -m ec2 -a status
//Windows Serverで管理者としてPowerShellでCloudWatch エージェントのステータス確認
& $Env:ProgramFiles\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a status
//LinuxサーバーでCloudWatch エージェントのバージョン情報検索
sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-ctl -a status
//Windows Serverで管理者としてPowerShellでCloudWatchエージェントのバージョン情報検索
& $Env:ProgramFiles\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a status
//Linux サーバーでCloudWatch エージェントをローカルで停止
sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-ctl -m ec2 -a stop
//Windows Serverで管理者としてPowerShellでCloudWatchエージェントをローカルで停止
& $Env:ProgramFiles\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a stop
//設定ファイルを Systems Manager Parameter Store に保存した場合、LinuxサーバーでCloudWatchエージェントの開始
sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-ctl -a fetch-config -m ec2 -s -c ssm:configuration-parameter-store-name
//設定ファイルをローカルコンピュータに保存した場合、LinuxサーバーでCloudWatchエージェントの開始
sudo /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/amazon-cloudwatch-agent-ctl -a fetch-config -m ec2 -s -c file:configuration-file-path
//エージェント設定ファイルを Systems ManagerParameter Store に保存した場合、Windows Serverで管理者としてPowerShellでCloudWatchエージェント開始
& "C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1" -a fetch-config -m ec2 -s -c ssm:configuration-parameter-store-name
//エージェント設定ファイルをローカルコンピュータに保存した場合、Windows Serverで管理者としてPowerShellでCloudWatchエージェント開始
& "C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1" -a fetch-config -m ec2 -s -c file:"C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\config.json"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください