ELBもしくはALBでメンテナンス画面を表示

Apache、Nginx、LiteSpeed、IIS、などのウェブサーバを使わずにAWSのACMでSSLしているALBでメンテナンス画面を表示する手順です。

ブラウザのシークレットウィンドウで作業する様にしてください。メンテナンスモード用のhtmlは適当にググるなり、事前に用意しておいてください。

この方法以外に、ALBとLambda(python)でメンテナンスページの表示を行う方法もメンテナンス中画面をALBとLambda(python)だけで実現で紹介しています。

メンテナンスモード化

  1. EC2へ
  2. ロードバランサーへ
  3. WEBサーバー上段に設置しているELBを選ぶ
  4. タブで「リスナー」ヘ
  5. HTTPSのルールで「ルールの表示/編集」をクリック
  6. +(プラス)をクリック
  7. 「HTTPS 443: デフォルトアクション」直上の「ルールの挿入」をクリック
  8. 「条件の追加」で「パス」を選ぶ
  9. 「値」に「*(アスタリスク)」を入力
  10. 「アクションの追加」で「固定レスポンスを返す」を選択
  11. レスポンスコードに「200」を入力
  12. Content-Type「text/html」
  13. 「レスポンス本文」にメンテナンス用のhtmlを貼り付ける
  14. 青丸のレ点チェックのマークをクリック(わかりにくい表現ですみません・・・)
  15. 右上の青い「保存」ボタンクリックで作業完了

※反映までに5秒から15秒くらいかかります。やや遅いので「ミスった?」と、ドキッとします。

メンテナンスモード解除

  1. EC2へ
  2. ロードバランサーへ
  3. WEBサーバー上段に設置しているELBを選ぶ
  4. タブでリスナーヘ
  5. HTTPSのルールで「ルールの表示/編集」をクリック
  6. -(マイナス)をクリック
  7. 2番目のルール、もしくは、メンテナンス用に追加したルールにチェック ※メンテナンスモード化の時に追加したルールを削除してください。
  8. 右上の「削除」赤ボタンをクリックで作業完了

※反映までに5秒から15秒くらいかかります。やや遅いので「ミスった?」と、ドキッとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください