UptimeRobotの無料http(s)監視を使ってみた

uptimerobot-hhttps-monitoring

UptimeRobotの無料プランをこのブログの監視で2020年4月より試していました。DOWNすると上記の様な画面になります。

無料プランは、最小で5分単位のhttp/https監視まで出来ます。さらに細かい時間の間隔で監視したい場合、最大1分間隔までにて有償プランとなります。UptimeRobot自体へのログインに2段階認証も無料で有効化可能です。UptimeRobot REST APIがあり、無料でAPIキーを発行できます。無料プラン1つで複数サイトの監視をできます。良い点としては、サーバーダウン時、サーバー復旧時の両方ともにメールアラートしてくれます。

WEBサーバーなどの保守業務契約などの案件では、必ず、UptimeRobotなどによるサードパーティのhttp/https監視を行っています。

※無料監視ツールは、数年でサービス廃止になる事が多く、数年ごとにツールを乗り換えしています。

DOWN時のアラートメールは以下の様に届きます。シンプル過ぎてスパムと間違えて削除しそうになりました。

無料監視ツールは、有料プランでマネタイズ出来ないといつのまにかサービス終了になる事が多いです。ずっと続いてくれることを祈ります。

AWSの記事でコメントをいただくことがしばしばあるため、コメント機能を有効化しました。
ただ、申し訳ないのですが過去のコメントについては、WPの仕様で基本的に表示できません。
そのうち調べて表示します。お気軽にコメントください。