Pythonバージョン確認コマンドの小さな罠

Pythonバージョン確認コマンド、どれが正しいコマンドでしょうか?

①–versionで全部半角英数小文字

python --version

②–versionで先頭のPだけ大文字

Python --version

③–versionで先頭のPとVだけ大文字

Python --Version

④-vで全部半角英数小文字

python -v

⑤-vでVだけ大文字

python -V

⑥-vでPだけ大文字

Python -v

⑦-vでPとVが大文字

Python -V

答えと解説

①②⑤⑦が正解です。

PythonのPは大文字でも小文字でもOKですが、–versionの場合は–version全て半角英数小文字、-Vの場合はVが大文字。

python -h もしくは、python –help で以下の様に確認出来ます。-vはimportの詳細を表示するオプション

-v     : verbose (trace import statements); also PYTHONVERBOSE=x
         can be supplied multiple times to increase verbosity
-V     : print the Python version number and exit (also --version)
         when given twice, print more information about the build

pythonインストール手順で-Vを間違って小文字で記載しているブログ記事が多いです。