ムームードメインの独自ドメインでウェブサーバとメールサーバを別ける

ムームードメインの独自ドメインでウェブサーバーとメールサーバーを別けました。DNSレコードの設定です。ムームドメインはUIが少々わかりにくいので残します。

独自ドメインはムームードメイン、ウェブサーバーはコノハウィング(ワードプレスを動かしています)、メールサーバーはロリポップで行いました。

ムームドメインにログインしたら、「ドメイン操作」⇒「ムームーDNS」と画面を進みます。

「ムームーDNS」の画面では、今回の作業対象とする購入済の独自ドメインの「変更」に進みます。

「設定1」の「サービス」にて、『ホームページ(ウェブサイト)』と『メール』という2つの「種別」に対してサーバーは『ロリポップ』を使うのか、『利用しない(ロリポップではない他のサーバー)』とするのか、必ず選択が必要です。

ユーザーの立場では、「設定1」の「サービス」で『利用しない』という表記の文言が非常にわかりにくく、理解不能にしてしまう原因だと思います。

ロリポップではない他のウェブサーバーやメールサーバーを使う場合、全てのケースで「設定1」の「サービス」は『利用しない』に必ず変更する必要があります。個人的には『利用しない』ではなく、『ロリポップではない他を使う』くらいの文言にしてくれないと軽く理解不能に陥ります。

今回、ホームページ(ウェブサイト)のウェブサーバーはコノハウィング、メールサーバーはロリポップとなるため、「設定1」は以下赤枠の様にします。

ムームードメインDNS設定

尚、「設定1」が表示されない場合もありますが、焦らずにDNSレコードを設定で大丈夫です。

次は「設定2」です。DNSレコード設定をしていきます。

Aレコード設定

ホームページ(ウェブサイト)のウェブサーバーをムームードメインで指定します。ウェブサーバのIPアドレスをAレコードに設定します。

コノハウィングでは、 対象とするウェブサイトを動かしているサーバーで『サーバー管理』⇒『サーバー情報』の『スペック』で『IPアドレス』を取得できます。

wwwあり、www無しの両方でAレコードを設定します。

MXレコード設定

メールサーバーのホスト名をムームドメインでMXレコードでにて設定します。 尚、MXレコードの設定はIPアドレスではなく、http://もhttps://も無しでホスト名のみとなります。

ロリポップでは、『ログイン』⇒『アカウント情報』⇒『ロリポップ!のドメイン』にてホスト名を取得できます。MXレコードに設定してください。

SPFレコード設定

SPFレコードをTXTレコードでムームードメインに設定します。SPFレコードにはメールサーバのIPアドレスが必要な為、ロリポップのIPアドレスを調べます。

SPFレコードとは、「このドメインのメールは、このIPアドレスやホスト名から送信する」というドメイン認証の仕組みです。

ロリポップのIPアドレスは、Windowsであればパワーシェルもしくはコマンドプロンプト、Macであればターミナルで

nslookup  ロリポップ!のドメイン

にて調べられます。※http://やhttps://は削除してください。

SPFレコードは、IPv4アドレスだけで設定する場合

v=spf1 ip4:IPアドレス -all

となります。

メール送信サーバーを複数持っている場合、spfレコードは、送信メールサーバーのドメイン名を取得して

v=spf1 ip4:IPアドレス include:ドメイン名 -all

となります。